超健康ビューティ指南塾

2014年04月

1: トラネコ◆EDwr815iMY:2014/04/27(日)15:26:38 ID:

「卵子老化」もっと早く知っていれば、社会に響く夫婦の慟哭…不妊治療費1500万円「暗いトンネルを、ただ歩いていた」

凍結卵子が保存されているタンク。「卵子の老化」という認識が広がり、不妊治療にも別の側面が現れている。日本は今、世界最大の生殖補助医療国ともいわれているが、晩産化という社会の流れの中にもいる

 「この腕でわが子を抱くという、ささやかな夢をかなえることができなかった。みんな普通に子供がいる生活をしているのに」

 大阪府に住む矢川道子さん(48)=仮名=は、ちょうど2年前、約10年にわたる不妊治療にピリオドを打った。
 長い治療の道のりを振り返るとき、4年前、6つ目に訪ねた診療所で医師から告げられた言葉を、今も忘れることができない。
 「卵子は老化します。その影響で、妊娠が難しくなっています」

悲痛な叫び「何でもするから子供を助けて」

 「卵子の老化」という聞き慣れない言葉に、自らの希望が阻まれるとは思ってもいなかった。
 8歳年上の会社員の夫と結婚したのは平成14年、37歳のときだった。それまで得意の英語を生かした仕事にやりがいを感じ、婚期より仕事を優先していた。結婚を機に退職。子供は自然に授かるものと思っていたが、兆候は現れなかった。
 半年後、不妊治療を始めたが、言い出しづらさがあって親にも友人にも相談できず、焦りも募って次第に孤立感を深めた。16年と19年に2回妊娠したが、いずれも流産。「そんなはずはない。何でもするから子供を助けて」。泣きながら医師に懇願した。
 つらい経験で心にも変調をきたした。他人の子の声が聞こえるだけでイライラする。周囲の子供たちが成長する姿に落ち込み、自分を責めた。支えであるはずの夫も攻撃の対象となった。不妊治療の費用総額は1500万円超。貯金は底を突き、借金もした。「暗いトンネルをただ歩いている」と感じていた。


初産の平均年齢「30・3歳」
 女性の社会進出は年々活発化している。総務省の統計によると、昨年4月時点の女性(15~64歳)の就業率は、比較可能な昭和43年以降で過去最高の62・5%。30~34歳の年齢層では、平成4~24年の20年間で14・4ポイントも上昇した。
 半面、女性の「晩産化」も顕著だ。厚生労働省の人口動態統計によると、初産の平均年齢は、高度経済成長期にさしかかる昭和30年当時の24・8歳に対し、平成23年に初めて30歳を超え、24年は30・3歳。反対に、女性が一生の間に産む子供の数の平均値を示す合計特殊出生率は、昭和30年の2・37人に対し、平成24年は1・41人に低下した。
 今や、日本の国際競争力強化の上でも、女性の労働力は欠かせない。しかし、それに伴う晩産化が、国の将来に関わる少子化の一因になっているという現実がある。社会に重くのしかかる二律背反の問題だ。
 一方、女性が加齢とともに妊娠しにくくなる原因は、卵子そのものの老化にあることが近年明らかになってきた。老化した卵子は排卵しても卵子としての機能を失っていたり、染色体異常が起きたりする可能性が高くなる。染色体異常のある卵子は、受精卵になっても育たなかったり、流産したりするケースが多い。
 日本産科婦人科学会の23年のデータによると、体外受精による出産は、30代に入ると確率が下がり始め、36歳ごろから加速。20代の20%台に対し、36歳は16・1%、40歳は8・1%と激減していた。
 「不妊治療の技術は日進月歩で進んでいる。でも、一方で晩産化があるから、治療総数はものすごく伸びているのに、妊娠総数はそれほど伸びていない」。先進的な不妊治療で知られるセントマザー産婦人科医院(北九州市)の田中温(あつし)院長が打ち明ける。

詳細のソース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140422/wlf14042213560018-n1.htm

続きを読む

1:2014/04/23(水)21:12:56 ID:
筋肉バカドットコム 4月23日配信

アメリカの各州にあるアスレチック・コミッション。
これはボクシング・キックボクシング・総合格闘技・プロレスなどの徒手格闘技の競技を統括する組織で、
ここの認可を受けなければ、団体は興行を行うことはできない。

検査項目はステロイドなどのドーピングや、レフェリーの資格に至るまで多岐にわたり、
これらのスポーツにおいて日本とは比べ物にならないほどの公平性を生み出していると言われるが、
そのアスレチック・コミッションの一つが下した決断で、格闘技界は大いに揺れているという。

2月27日、ラスベガスを擁する格闘技の聖地、
ネバダ州のアスレチック・コミッションが、
テストステロン補充療法の禁止を発表した。

このテストステロンという物質は男性ホルモンの一種であり、
摂取すると筋肉の増強やスタミナ増強、打たれ強さのアップなどが図れると言われている物質。
当然、もともと全部の州で禁止薬物ではあったが、
このテストステロンが体内で十分に作り出せない性腺機能低下症の患者に対して、
それを補充する療法に使われている分に関しては認可されていた。

http://kinnikubaka.com/news/archives/3857

続きを読む

1: 夜更かしフクロウ ★:2014/04/21(月) 21:20:24.97 ID:

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140421/bsc1404210500002-n1.htm

 汗ばむ季節になり、制汗剤市場が活性化している。
中でも市場を引っ張るのは男性向け商品と肌に直接塗るタイプの商品。
人間関係の希薄化に伴い、相手に嫌われまいと必要以上に臭いを気にする現代人の心理も背景にあるようだ。

 ライオンビューティケア事業部で、制汗剤のブランドマネジャーを務める大古勝朗氏によると、
1日複数回の使用や外出先での使用、さらに冬場を含め通年で使用するなど、使用頻度の変化が需要増の要因という。
市場規模は2000年の272億円から13年は500億円を突破した。

 スティックやシートといった新たなタイプの製品の売り上げ増も、市場全体の増加につながっている。
「一時は市場の8割以上を占めていた」(大古氏)というスプレータイプは、他のタイプの台頭により、
現在の売り上げ構成比は4割を切る程度になっている。

 そうした中、ライオンは2月、衣服にわきの下の汗がしみてできる、
いわゆる「ワキ汗・汗ジミ」に着目した「Ban汗ブロックロールオン」を発売した。
直に塗るタイプの新製品だ。マイナスイオンを配合して汗が出る前にわき汗をブロックする新技術が受け、
4月上旬には全制汗剤の中で販売数量1位を記録するなど、好調な滑り出しだ。

 男性向け商品も市場を牽引(けんいん)している。
男性用市場は、制汗剤全体の伸びを大きく上回り、13年は00年の3倍以上となった。

 「Ag+」ブランドを展開する資生堂は、12年のブランドリニューアルに際して、初めて男性用の制汗シートを発売。
さらに13年にはスプレータイプを発売した。
今年は加齢臭対策を追加した商品を新発売し、ラインアップをさらに充実させた。
「男性にも身だしなみに気をつける人が増え、制汗剤の購入率が増えてきたことから発売を決めた」(同社)といい、
女性用よりも噴射力を高めるなどの工夫を施している。

 直塗り、男性向けで訴求するのはシービック(東京・南青山)が展開する「デオナチュレ」ブランド。
やはり、「特に若年層を中心に男性のエチケットや意識が高まっている」(マーケティング部の横峯勇太氏)とみており、
欧州で古代に使われた記録が残るミョウバンを使用したパウダータイプなど、直接肌に塗る商品が好調だ。

 ただ、体臭専門の「五味クリニック」(東京)の五味常明院長によると、
ここ10年、自分の体臭が周囲の人を不快にする不安に駆られ来院する人が急増しているが、
実際に体臭の治療が必要なケースは多くないという。
五味院長は「最低限のエチケットとして臭いに気を使うくらいでちょうどいい」と指摘している。


写真:シービックが展開するブランド「デオナチュレ」の商品

続きを読む

1:2013/10/17(木) 10:12:49.62 ID:
手足の震え、歩行ふらつきのため1年くらい治療したが、パーキンソンと診断されたんだけど。
ちなみに震災時にずっと福島にいたんだけど関係あるのけ?

続きを読む

1:2013/10/16(水) 22:21:33.50 ID:
自己肯定のためにダイエットをしたい

◎スペック
20代、女、学生(留年予備軍)
身長158cm
体重58.6㎏
体脂肪率28.1%

一日の運動や、食べたものを書き込んでいきたい
良かったら叱咤・罵倒レスをください

続きを読む

1:2014/04/20(日)11:21:09 ID:
今年もゴールデンウィークが迫ってきた中で、そろそろ行楽の予定を練っている人も多いのではないでしょうか。実はカツラをしている人間にとって、大型連休は最大の鬼門。家族はまだしも、カツラをカミングアウトしていない友人や恋人との「旅行」は、本当に気が重くなるイベントなんです。

 まず、手荷物検査がある飛行機の利用はNG。カツラには金具がついているので、金属探知機に意図せずカミングアウトさせられてしまう可能性が大です。当然、苦肉の策として帽子をかぶっていくことも考えます。実際に国内なら「帽子を取れ」とまでは言われないのですが、海外になると融通が利かず、僕自身、東南アジアのある国で恥をかいたこともある(笑)。海外旅行だと、それ以前にパスポートを見られた時に「なんか若返ってない?」と不審に思われて一悶着、ということだってあります。

 飛行機を使っての旅行は回避できたとしても、危険はまだまだあります。旅行といえば温泉、温泉といえば大浴場で、みんなで入るのが基本でしょう。風呂とカツラは非常に相性が悪いので、基本的には「風邪をひいているから」と遠慮したり、「考えごとをしたい」なんて意味のわからない言い訳をして、個室の風呂に入ったりすることになります。ただ、カツラをつけたまま入浴できないということはないので、そのまま入って、「ああ、温泉は気持ちいいね」なんてやることも。本当は全然気持ちよくないし、朝方に人目を避けて、カツラを外して洗うことになります。この孤独すぎる時間が、本当に虚しい。

 また旅行にしても、泊まりの研修にしても、相部屋になることが多いもの。カツラをしての旅行は気疲れが多いし、その上で風呂にも入れば眠くなるところですが、寝るのは絶対に最後。カツラを髪の毛に留めるピンがだいぶストレスなので、何カ所か外して寝たいんです。このへんの作業に気付かれないように最後に寝て、誰よりも早く起きる。研修はともかく、本来的にはゆっくりとリラックスしたい旅行で、なぜこんなに気を張らなければいけないのか……と。

 解決策としては、同室の人にだけ、事前にカミングアウトしておくという方法があります。旅行に行く前に「ちょっと話があるんだけど……」と。こうしておくといろいろと気が楽になるし、弱みを見せることで、その人との距離がグッと縮まるというメリットもなくはない。でも、冷静に考えて、そんな友情いります?

 旅館やホテルって、タッチしたら点灯する丸いライトみたいなものがあるじゃないですか。僕のカツラの定位置はそこで、寝る前にかぶせて置いていたんです。そうして安心して寝ていると、朝、同室の友人に隠されて、朝からテンヤワンヤになったことも。研修の試験日で、「これじゃ試験が受けられない!」「俺は知らないよ~」なんてやりとりをしたこともありました。大勢の前で笑いものにされるわけじゃなく、2人の間での笑い話なので、これをきっかけにかなり打ち解けることになりました。

 こうしてカミングアウトした後も、基本的にはカツラをかぶり続けることになる。そうすると、同じコミュニティの人がチラチラと僕の頭を見ていることに気付くことがあるんです。巨乳の女性と同じように、ハゲは頭部への視線に敏感ですからね(笑)。そういうことがあると、「あ、これは裏でバラされているな」と一発でわかってしまう。人間不信に陥りますよね。

 そうしてさらに人の視線が怖くなり、誰も見てやしないのに、映画館でも、大学の講義でも、座るのは一番後ろになる。言ってみれば、"ヅラバレ"に怯えた悲しきゴルゴ13ですよね。「俺の背後に立つな」と(笑)。こうして、すべてのことから引き気味になり、あらゆる場面で積極性が失われていくんです。

 こんなこと、実際にかつらをかぶってみるまで考えもしませんでした。楽しみなゴールデンウィーク、旅行でかたくなに帽子を取らない友人がいたら、ぜひそっとしておいてあげてください。どうか、ハゲにひとときの安らぎを。
http://www.cyzo.com/i/2014/04/post_16889.html

続きを読む

1:2014/04/19(土)12:10:58 ID:
健康のためにも意識的に摂りたい野菜。できれば生で食べた方が、加熱するよりも無駄なく栄養が摂れそうなイメージがありますよね。しかし、そのイメージは半分正しく、半分誤ったものなんです。
酵素やビタミンC、ビタミンB1を摂取したい場合、これらの栄養素は加熱に弱いので生で摂るほうがよいといえます。しかし、カボチャやパプリカなどの緑黄色野菜に多く含まれる、抗酸化作用の高いβ-カロテンとビタミンEについては、油を使った加熱調理によって吸収率が上がります。同様に、トマトに含まれるリコピンも、加熱した方が吸収率はアップ。また、ショウガの辛み成分、ジンゲロールは加熱によってショウガオールに変化し、体を温める効果の向上が期待できます。加熱するとかさが減り、多くの量を食べることができるというメリットも見逃せません。農水省の野菜摂取目標は1日350g。生、加熱したものを上手に組み合わせ、この目標をクリアしたいものです。

ソース
http://news.goo.ne.jp/article/r25/life/r25-20140419-00035738.html

続きを読む

このページのトップヘ